綺麗を目指す女性のための美容ブログです。

キレイになりたい主婦の美容ブログ

綺麗ブログ

歯が白くないと損をする? 手軽で効果的なホワイトニング方法で好印象をゲットする方法

投稿日:

Pocket

歯が白くないと損をする? 効果的なホワイトニング方法で好印象をゲットする方法

『輝くような白い歯で、より魅力的に』
歯が白く美しいと、人に与える印象や好感度もアップします。
常に歯のコンディションは整えておくのがベストですね。

『歯は汚れるのが当たり前』
歯はコーヒーやカレーなど色素の強い食べ物や、タバコのヤニによっても汚れてしまいます。
気がついたら歯がうっすらと黄ばんでいたという体験はありませんか?

クリニックでケアをするのは有効な方法ですが、費用の負担が大きく、予約を取ったりクリニックへ通うのが大変です。
できれば、もっと手軽に歯のケアをしたいですね。

『毎日の歯磨きで お口の健康を』
簡単で効果的な歯のホワイトニング方法を調べていると、『ビースマイル』というケアアイテムに出会いました。

歯の美白ケアで人気の『ビースマイル』
簡単に紹介すると、ピーススマイルは、歯の黄ばみや歯の着色汚れを除去し、ピカピカにしてくれる薬用歯磨きジェルです。

ビースマイルは口の中を清潔に保つので、歯周炎・歯肉炎・口臭・虫歯の予防にもなり、これ一本で口の中のケアが済むという優れものです。

薬用ホワイトニング『ビースマイル』基本情報

『ビースマイル』とは、どのような歯磨きジェルなのでしょうか。
成分や価格、使用方法などについて調べてみました。

名称ビースマイル トュースホワイトニング
製造株式会社ECスタジオ
内容量30g(1回分約0.3g使用とすると、約100回使用可能)
使用方法適量を歯ブラシにとり歯と口内をブラッシング。その後、洗い流す。
成分GTO・ポリアスパラギン酸Na・リンゴ酸・ビタミンC・アラントイン・シメンー5ーオール・茶エキス・紅茶エキス・ウーロン茶エキス・芍薬エキス・甘草エキス・オウゴンエキス・ステビア・キシリトール・メントール
無添加漂白剤・研磨剤・発泡剤・動物由来原料・鉱物油・石油系界面活性剤・パラベン・オイルを不使用

〈価格〉

通常価格4800円
定期コース 初回2400円(半額)
      2回目以降3840円(20%オフ)
2個 通常価格9600円
毎月2個お届けコース 初回4800円(半額)
           2回目以降7200円(25%オフ)
3個 通常価格14400円
毎月3個お届けコース 初回7200円(半額)
           2回目以降 10080円(30%オフ)

☆定期購入特典 3回目ごとにプレゼントが届く。

 

『ビースマイル』の成分について

『ビースマイル』に配合されている成分は、どのような働きを持っているのでしょうか。

ポリアスパラギン酸Na
汚れを除去する成分です。
ポリアスパラギン酸は高分子アミノ酸で、タンパク質(汚れ)に反応し、タンパク質を固めます。
汚れを包み込むので、汚れが歯に再付着する事を防ぎます。

歯磨き粉の多くに使用されている研磨剤は、汚れを削り取る役割がありますが、同時に歯を傷つけるデメリットも併せ持っています。
『ビースマイル』は研磨剤不使用で、ポリアスパラギン酸で汚れを浮かせて取るので歯を傷つける事がなく安心です。

リンゴ酸
リンゴから発見された有機酸です。
多くの果物に含まれている有機酸で安全な成分です。

爽快感のある酸味が特徴で、口腔内のケアに良く用いられます。
リンゴ酸は吸着すると離れにくいと言う性質を持っているので、汚れの落ちた歯に汚れが再付着するのを防いでくれます。

ビタミンC
ビタミンCには粘膜を保護する作用があり、口の中の乾燥を防いでくれます。
口の中が乾燥すると雑菌が増殖し、口臭の原因の一つとなってしまいますので、
口臭予防に役立つ成分です。

GTO
GTOは、ウーロン茶の抽出物とホップエキスからできている新成分です。
ウーロン茶には特有の自然成分であるポリフェノールが含まれ、そのポリフェノールには、とても強い虫歯を抑制する効果があるそうです。

GTOは、GTase(グルコシルトランスフェラーゼ 不溶性多糖類合成酵素)という虫歯ができる初期に働く酵素を阻害する役割を果たしてくれます。
GTaseが口の中に存在していると、歯に歯垢がつきやすくなり虫歯を引き起こしてしまいます。
歯に虫歯菌が付着するのをGTOが抑制するため、歯の健康を保てます。

アラントイン
もともとウシの羊膜の分泌液から発見された成分で、無味無臭の白色水溶性粉末です。
抗炎症作用を持つため、歯茎の炎症や腫れの予防に役立ちます。

シメンー5ーオール
広範囲の殺菌性を持つ成分なので、口臭予防のために配合されているようです。
低刺激なので毎日使用できます。

毎日続けられる簡単ケア

素晴らしい成分が配合されていても、継続して使用できなくては効果を実感する事は難しいと思います。
ポイントは、どれだけストレスなく簡単にケアができるかです。

『ビースマイル』は毎日の歯磨きに使用するだけなので、その手軽さが嬉しいですね。
『ビースマイル』は、ジェルタイプで歯磨き粉の様にチューブ容器に入っています。

・使用方法
ジェルを適量(約0.3g)を歯ブラシにとり、歯をブラッシング。
その後、水やぬるま湯で口をすすぐだけです。
いつもの様に普通に歯磨きをした後にビースマイルで歯磨きをすると、より効果的だそうです。

歯のホワイトニングというと歯医者でおこなうのが一般的ですが、時間や費用を考えると自宅でのケアも一つの有効な方法です。
また、クリニックでのホワイトニングでは「不自然な白さ」になると不満に思う方もいるようです。
『ビースマイル』は、毎日のケアで口の中の健康を保ち、徐々に「自然な白さ」を目指します。

『ビースマイル』で歯はキレイになる? ならない?

結論からいくと『ビースマイル』が歯をきれいにする力は、総合的にとても優れていると思います。

歯の黄ばみや汚れの原因は、歯に付着した歯垢・食品やタバコなどによる着色汚れなどです。
これを防ぐには、やはり毎日の汚れを除去する事・汚れが着かないようにする事が重要です。

徐々に歯につく汚れは、そのつどしっかり落とさないと時間が経過すればするほど落ちにくく固まってしまうのです。
その際には、普通の歯磨き粉よりもホワイトニング専用のケア用品の使用をお勧めします。

『ビースマイル』にはホワイトニング効果だけでなく、初期虫歯を防ぐ成分が配合され、歯周病や口臭予防など歯と口の中の健康を総合的にケアサポートしてくれると思います。

トータルケアのできる『ビースマイル』
たくさんあるホワイトニングアイテムの中で『ビースマイル』を選んだ理由は、そのトータルケア力です。
現在あるケアアイテムは、一つの効果(例えばホワイトニング効果だけ)に特化しているものがほとんどです。

美しい歯は、白さだけでなく健康である事が条件だと思います。
いくら白くてキレイでも、歯周病や虫歯があっては「美しい歯」とは言えませんね。

ビースマイルは、
• ポリアスパラギン酸Naで汚れを取り除く。
• リンゴ酸で汚れが歯に再付着するのを防ぐ。
• ビタミンCによって口の乾燥を防ぎ口臭を予防。
• GTOで虫歯の発生を抑制します。

このように、トータル的に口の中の様々なリスクにアプローチできるように作られています。
いくつものケアアイテムを併用しなくても、『ビースマイル』一本で済むというのは大きなポイントだと思います。

手軽で効果的な歯のホワイトニング方法

白くて健康な歯は、その人の魅力と印象をアップしてくれます。
受ける印象が若々しいものになりますし、顔がワントーン明るく見えるようになります。

歯科医院でホワイトニングの施術を受けても、その後のケアを怠っていては白い歯は維持できません。
虫歯や歯周病を予防するためにも、毎日のケアはとても重要です。


「毎日、歯磨きしているから大丈夫」

では、その歯磨き粉は本当にベストですか?
研磨剤は入っていませんか?

多くの歯磨き粉には、研磨剤を始めとする添加物が使用されています。
もちろん、品質維持のために安全な使用量を守っているとは思います。
ただ、研磨剤は汚れだけではなく歯も削ってしまう可能性があるという事は知っていた方が良いと思います。

毎日使用するものだから、安心して使いたい。

『ビースマイル』を選んだ理由の一つです。
研磨税だけでなく、発泡剤なども添加されていません。

安心して毎日使える、歯の健康も守れるホワイトニングジェル。
それが『ビースマイル』です。

-綺麗ブログ

Copyright© キレイになりたい主婦の美容ブログ , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.