綺麗ブログ

頑固な歯石 自分で取れる? 歯石の取り方と道具について

投稿日:


自分でおこなう歯石除去

どんなに歯磨きを頑張っても、汚れや歯垢がたまり、やがて歯石になってしまいます。
そもそも歯垢とは、食べ物を養分にして活発に活動を始めた虫歯菌が作り出すものです。
虫歯菌+虫歯菌の代謝物の固まり=歯垢です。

歯垢は、虫歯菌のすみかとなり、その後に石のようにかたい歯石となります。
歯石になってしまうと歯周病を進行させるなど、歯のトラブルの原因になってしまいます。

一番の方法は、毎日歯磨きなどの正しいケアをおこない、定期的に歯科で歯石除去のクリーニングを受けることです。
ですが、歯科が苦手な人や時間がない人なども多く、定期的なクリーニングは意外とハードルが高いようです。

そこで自分で簡単に歯石が除去できないか、色々と調べてみました。

歯石除去の道具

歯石を取る道具はドラッグストアなどでも市販されているので、簡単に購入することができます。
ネットショッピングでも人気のものを購入可能です。

歯石を取る道具は「スケーラー」といいます。
金属製で、尖っている先端で歯石を除去します。

人気のスケーラー
『両頭スケーラー』
ネットで人気のベストセラーのスケーラーです。
医療機関で使用される「フリッツメディコ」の製品なので品質が良いと評判です。
価格は2000円程度です。

『歯石者くん』
細かい場所の歯石を取るのに最適な「シャープ」と、平らな場所の歯石を取るのに最適な「フラット」の2種類が発売されています。
歯の裏側の歯石も取りやすいように設計されているのが特徴です。
価格は1本3800程度です。

市販のスケーラーは1000円程度から販売されていますが、質の良いものは2000〜3000円程度になります。

歯石除去の手順

自分でおこなう歯石除去には、いくつかのポイントがあります。

歯石除去の手順
① 消毒用アルコールとコットンを用意する。
② アルコールをしみ込ませたコットンで、スケーラーの消毒をする。
③ 鏡を見ながら、スケーラーで歯石を除去する。
④ うがいをする。

ポイントは、きちんと消毒をおこなうことと、慎重に歯石を除去することです。
先の鋭利なスケーラーで歯石を除去するので、歯や歯茎を傷つけてしまう場合があるからです。

一度に歯石を取りきってしまうのではなく、何回かに分けておこなうのがベストです。

自分でおこなう歯石除去のメリット・デメリット

自分で歯石除去をおこなう場合、いくつかのメリットとデメリットがあります。
基本的に自分で歯石を除去する場合は自己責任になりますので、メリットとデメリットを良く理解しておこないましょう。

メリット
・費用が安い(基本的にスケーラー代のみ)
・自宅でできる。
・こまめに歯石を除去できる。
・歯科に通わなくても良い。

デメリット
・歯石を取るのが難しい。
・歯や歯茎を痛める可能性がある。
・見えている場所の歯石しか除去できない(歯茎の中に入り込んだ歯石は除去できない)
・歯石がキレイに取れず歯の表面がザラザラになり、歯垢がつきやすくなる。

スケーラーを使用しても、完全に歯石を除去できるわけではありません。
歯と歯ぐきの境目には「溝」があり、これを「歯周ポケット」と呼びます。

この歯周ポケットに入り込んでいる歯石は、自分で除去するのは不可能です。
大きな歯石の場合も、無理に除去すると歯と歯ぐきを傷めるリスクがあるので、歯科でのクリーニングがベストです。

まとめ

歯石は虫歯や歯周病の原因になってしまいます。
スケーラーという器具を使えば、自分で歯石を除去することも可能です。
スケーラーは1000円〜3000円程度で市販もされています。

ただし、スケーラーを使い自分で歯石を除去する場合には以下のことに注意が必要です。
・歯や歯ぐきを傷つけるリスクがある。
・歯周ポケットの中の歯石は除去できない。
・歯石をきれいに除去するのが難しい。

歯科でのクリーニングの多くは、歯周病の治療としておこない保険が適応されます。
費用の目安は3000円前後です(治療の内容によって異なります)
スケーラーを購入するのと、ほぼ同額ということになります。

スケーラーを使い自分で歯石を除去をするよりも、クリニックで専用の機械で除去してもらう方が安全でキレイになります。
ただ歯科が苦手な方や、歯科に通う時間を作れない方は、スケーラーを活用するのが良いかもしれません。

まずは、毎日の歯磨きで歯石の元になる歯垢をしっかり落としましょう。
そして、ご自分にあった方法で歯石の除去をおこなうと良いと思います。

-綺麗ブログ

Copyright© キレイになりたい主婦の美容ブログ , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.