綺麗を目指す女性のための美容ブログです。

キレイになりたい主婦の美容ブログ

シャンプー

パサつく髪をしっとりまとめたい!『スカルプD ボーテ』モイストで頭皮からのパサつき対策がオススメ!

投稿日:

Pocket

髪がパサついたり、ツヤがないのはキューティクルが傷んでいるからと考える人が多いと思います。
でも根本的な原因はキューティクルではありません。
じつは、大切なのは頭皮なんですよ。
頭皮の乾燥が髪のパサつきを招くことがわかってきました。
今回は頭皮の乾燥で起こるトラブルや原因。
さらに、しっとりまとまる髪を目指せるオススメのシャンプーをご紹介します。

スカルプDボーテ公式HP

髪のパサつき

髪って、すぐにパサついてしまいますよね。
冬の乾燥した空気や暖房、夏の紫外線で髪がパサパサに。

髪にうるおいがない時は、頭皮もチェックしてみてください。
頭皮も乾いていませんか?

髪がパサついたらトリートメントやオイルでうるおいを足すケアをしたりますよね。
けど、頭皮はそのままじゃないですか?

髪をいくらケアしても、髪が生えてくる頭皮の環境が整っていないと改善は難しいかもしれません。
しかも、頭皮が乾燥したままの状態はフケの原因になることもあります。

美しい髪は頭皮から。
髪のパサつきの原因を把握して、しっかりパサつき対策しましょう。

パサつきの原因

どうして髪がパサつくのでしょうか?
髪がパサつくのは、髪の一番外側を覆っているキューティクルが剥がれ、乾燥している状態だからです。

 

キューティクルとは?
髪の毛の表面に鱗状に重なっている部分です。
髪の毛を刺激から守り、ツヤを与え、水分やたんぱく質が失われないようにする働きを持っています。

キューティクルは、摩擦に弱く剥がれやすいんですよ。
無理にブラッシングをしたり、ゴシゴシと強くシャンプーをしたり、熱や紫外線などの刺激でキューティクルは簡単に剥がれてしまいます。

キューティクルが失われると?
・ツヤがなくなる
・切れ毛や枝毛ができやすくなる
・薄毛の原因に
・パサつく
・髪の表面がざらつく

髪の毛がパサついて、ツヤがない人はキューティクルに問題があるかもしれませんね。
髪がパサついていると、まとまりにくかったり広がったりとトラブルが増えてしまいます。

髪がパサついていると・・・
・ゴワゴワ
・まとまりにくい
・広がりやすい
・からまりやすい
・静電気が起こりやすい
・枝毛や切れ毛ができやすい
・ダメージヘアに見える
・ツヤがない

このような髪になってしまうと、年齢よりも老けた印象や不健康な印象を与えてしまいます。
健康的なツヤツヤの髪が理想ですよね。

じつは髪のパサつきは、キューティクルを失ったことだけが原因ではありません。
パサつきや乾燥は、髪だけから起きているものではないんですよ。

「乾燥しやすい髪だから仕方ない」
自分の髪質のせいだと諦めていませんか?
根本的な原因は、髪ではなく頭皮です。

 

パサつきの原因
・シャンプーの仕方
・洗浄力が強すぎるシャンプー
・乾かし方
・保湿できていない
・紫外線
・パーマやカラー
・生活サイクル
・頭皮の状態が悪い

このような原因で頭皮が乾燥したり、キューティクルが傷つくことで髪の毛がパサついてしまうんですね。
剥がれてしまったキューティクルは、自力では再生することができません。
新しく伸びてくる髪に期待するしかないんですよ。

キューティクルの元気な髪が伸びていくことが、髪のパサつきの改善には必要なんですね。
髪の毛が生えてくる頭皮が健康でないと、髪も健康に保つことは難しいんですよ。

髪がパサつく人は頭皮も乾燥してフケが出ることが多いので、頭皮のケアが必要です。

フケ

髪がパサついているなら、頭皮も乾いていませんか?

チェックポイント
・頭皮が乾燥している
・頭皮を掻いてしまう
・髪がパサパサしてる

上記のポイントが当てはまる場合は、頭皮は乾燥タイプかもしれません。
頭皮全体に潤いが足りない状態です。

このような頭皮では、健康的で美しい髪が生えてくるのは難しいですね。
さらにターンオーバー(肌の生まれ変わりのサイクル)が乱れるため、乾燥したフケが多くなります。

フケって、とっても嫌ですよね。
頭皮が乾燥している人のフケは、細かくサラサラなのが特長です。

乾燥タイプのフケは、自然と落ちるので気がつかないうちに肩に落ちてしまいます。
色の濃い服だと余計に目立ってしまうので、着るのをためらってしまいます。

ちょっと髪をかきあげたり頭を掻くと、パラパラとフケが落ちてしまう。
また、生え際にフケが絡んでいたりしても、不潔にみえてしまうのも問題です。

フケの正体はただの汚れではありません。
じつは、角質なんです。
角質とは役目が終わった細胞のこと。

フケの原因は、頭皮の乾燥
頭皮が乾燥して角質が剥がれおちるのがフケなんですよ。

フケが出ると汚れていると感じて、ゴシゴシとシャンプーをしたくなりますよね。
髪や頭皮についたフケを取り除きたくて、何回もシャンプーをしたり。

キレイにしようとするシャンプーが、実はフケの原因となっていることが多いんですよ。
頭皮ケアには適切なシャンプーを正しく使うことが必要です。

正しいシャンプーの仕方と選び方をご紹介しますので参考にしてください。

正しいシャンプーの仕方

前項で間違ったシャンプーでフケが増える可能性について触れました。
これは確かなんですよ。

フケの原因のひとつは、頭皮の乾燥です。
過剰なシャンプーや、洗浄力の強すぎるシャンプーは頭皮にダメージを与えてしまいます。

間違ったシャンプーでは、必要な頭皮の皮脂まで洗い流してしまいます。
これが乾燥を招くNGポイントなんですよ。

頭皮の皮脂は多過ぎればベタつきを起こし、少なすぎると乾燥してしまいます。
ちょうどいい皮脂のバランスが重要ですね。
そのために、正しいシャンプーの仕方を覚えておきましょう。

毎日のシャンプー、自分なりのやり方がクセになっていませんか?
自己流のシャンプーは、じつは間違っていることもあるかもしれません。

正しいシャンプーを習う機会なんて、ほとんどないですもんね。
正しいシャンプーの仕方を身につけることが、髪と頭皮へのアプローチの一歩だと思います。

まずシャンプーの目的ですが「髪を洗う」ことではありません。
驚く人もいると思いますが、シャンプーの本来の目的は「頭皮を洗う」ことなんですよ。
この認識のズレだけでも、大きな違いが出ますね

正しいシャンプーの仕方
・回数は1日1回
・よくすすいでから洗う
・よく泡立てて洗う
・爪を立てず頭皮をマッサージするように洗う
・丁寧にしっかりとすすぐ

洗いすぎは、頭皮の乾燥の原因になるのでシャンプーは1日1回以下が望ましいですね。
1日何度もシャンプーをつけて洗うのはできるだけ避けましょう。

シャンプーの前には、よく汚れを落としてから洗いましょう。
シャンプーの前に髪をすすぐのは、ただ濡らすためだけではないんですよ。
髪や頭皮の汚れを取り除くのが目的です。

髪や頭皮の汚れが多すぎるとシャンプーをしても泡立ちが悪かったりします。
そうすると、シャンプーを追加してしまいますよね。

シャンプーの量が多いすぎるのも、頭皮にはよくありません。
しっかりとすすげていれば、シャンプーは適量で泡立つはずなんですよ。

もし、シャンプーをよく追加する人は、シャンプー前のすすぎを丁寧に行ってみてください。
泡立ちが変わってくるはずです。

しっかりと泡立つと、その泡がクッションになりシャンプーの摩擦から髪を守ってくれます。
たっぷりの泡で、やさしくマッサージするように頭皮を洗うのがベストですよ。

最後にしっかりとすすぐ。
シャンプーが頭皮に残らないように、やさしくたっぷりとすすぎましょう。

髪と頭皮の健康は、正しいシャンプーの仕方を自分にあったシャンプーで行うこと。
次は髪がパサつき、頭皮が乾燥する人にあったシャンプーの選び方をご紹介します。

頭皮に合わせたシャンプーの選び方

前項で述べたように、シャンプーの目的は「頭皮を洗う」ことです。
そのため自分の頭皮に合わせてシャンプーを選ぶのが正しいんですよ。

たくさんのシャンプーが販売されている上に、特徴も様々。
ついつい口コミで人気だったり、CMで新製品を見たり、パッケージや香りなどの好みでシャンプーを選んだりしちゃいますよね。

または、髪が傷んでいたらダメージヘア用のシャンプーを選びがちです。
でも一般的に販売されているシャンプーの多くは「髪」へのアプローチがほとんどように感じます。

繰り返しますが、大切なのは「頭皮」です。
頭皮ケアが、美しく健康的な髪への近道だと思います。

シャンプーを選ぶ際に、注目して欲しいのが洗浄成分です。
洗浄成分によって頭皮への影響が大きく変わってきます。

シャンプーに多く使用されている洗浄成分で気をつけて欲しいのが「ラウレス硫酸Na」です。
洗浄力がとても強いので、乾燥タイプの人は避けたほうが無難ですね。
皮脂を必要以上に洗い流してしまい頭皮が乾燥してしまいます。

なぜ「ラウレス硫酸Na」が多く使用されているかというと、原価が安いんですよね。
だからコストを抑えるために用いられることが多いんです。

髪のパサつきや頭皮の乾燥、フケが気なる人のシャンプーは、やさしく洗えるアミノ酸系洗浄成分がベストです。
アミノ酸系シャンプーは低刺激なため人気なんですね。

乾燥タイプのシャンプーの選び方
・やさしい洗浄力
・頭皮と髪を潤す
・たっぷり泡立つ
・低刺激
・ダメージ補修

余分な皮脂を洗い流し、しっかりと潤いを与え、髪と頭皮のダメージを補修してくれるシャンプーであればバッチリですね。
次項では、これらのポイントをクリアした理想的なシャンプーをご紹介します。

オススメのシャンプー

髪や頭皮が乾燥する場合は、頭皮ケアができるシャンプーを使用するのがベストです。
オススメしたいのが『スカルプD ボーテ』です。
男性シャンプーのシェアNo1のスカルプシャンプーから発売された女性のための頭皮ケアシャンプーなんですよ。

『スカルプD ボーテ』には、髪にボリュームが欲しい人用の「ボリューム」と、うるおいとツヤのある髪を目指す人用の「モイスト」があります。
髪がパサついたり、頭皮が乾燥している場合は「モイスト」がピッタリですよ。

『スカルプD ボーテ』モイストは、どんなシャンプー?
・日本唯一のソイセラム配合
・アミノ酸系洗浄成分使用
・頭皮と髪をうるおすモイスチャー処方
・もっちり濃密泡
・7つの無添加
・女性らしいフローラルの香り
・毛先までしっとりまとまる髪へ

やさしい洗浄成分とうるおいのモイスチャー処方が大きな特徴ですね。
パサつきが気になる髪を、しっとりまとめてくれるというのが嬉しいですね。

ソイセラム

『スカルプD ボーテ』にはソイセラムが配合されています。
なんとソイセラムを配合しているのは日本で唯一『スカルプD ボーテ』だけだそうですよ。

ソイセラムとは?
ソイセラムは、豆乳発酵液のことです。
大豆の胚芽を発酵してつくられます。
保湿成分の一種です。

『スカルプD ボーテ』には独自のソイセラムが配合されています。
大豆一粒にわずか1.5%未満しか含まれていない部分(胚芽)をじっくり発酵し、独自のソイセラムを開発したそうです。

国産大豆3種を使用
・黄大豆
・青大豆
・黒大豆

大豆に含まれるイソフラボンは女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをする成分です。

エストロゲンの働き
・肌の新陳代謝の促進
・髪のツヤ、ハリ
・女性らしい体を作る

ホルモンバランスの乱れは心や体に影響が出ます。
大豆イソフラボンはエストロゲンの不足を補うと考えられ女性に嬉しい栄養素です。

『スカルプD ボーテ』モイストには、ソイセラムが40%と高配合されています。
さらに37%は美容成分なので、頭皮をしっかりと保湿してくれますね。
ソイセラムの働きにより頭皮環境を整え、美しく健やかな髪へ導いてくれるんですね。

アミノ酸系洗浄成分

シャンプーの洗浄力は、配合されている洗浄成分で決まります。

いくらきちんと汚れを落としたくても洗浄力がつよすぎるシャンプーはNGです。
皮脂を根こそぎ洗い流してしまい頭皮や髪が乾燥してしまうんですよ。

髪や頭皮がパサついたり、フケが出たりする場合は肌に優しいアミノ酸シャンプーの方が良いと思います。

アミノ酸シャンプーとは?
アミノ酸系の洗浄成分が配合されているシャンプーのこと。

アミノ酸系の洗浄成分
・メチルアラニン系
・ココイル系
・ベタイン系

アミノ酸系の洗浄成分は数多くありますが、中でも一番優れているとされる成分は「ラウロイルメチルアラニンNa」です。

ラウロイルメチルアラニンNaの特徴
・肌に優しい
・洗浄力にも優れている

アミノ酸シャンプーには、洗浄力が弱いという弱点があります。
ですが、ラウロイルメチルアラニンNaはアミノ酸系の中でも洗浄力に優れているので、弱点をカバーできている成分なんですね。

 

『スカルプD ボーテ』には、このラウロイルメチルアラニンNaが使用されています。
やさしく洗い上げることができるので、頭皮を洗い過ぎない低刺激のシャンプーです。

モイスチャー処方

『スカルプD ボーテ』モイストには頭皮と髪をうるおす成分が配合されています。

モイスチャー処方
・ホホバ油
・ソイセラム
・大豆たん白加水分解物
・天然ビタミンE
・Lーアスパラギン酸
・Lーグルタミン酸

・ホホバ油
ホホバ油は、ホホバの実から抽出された植物油です。
ビタミンB、ビタミンE、ミネラル、アミノ酸を含み高い保湿効果があります。

酸化しにくいため防腐剤を必要としないことも多いというメリットも持っています。
サラサラにした使い心地も人気の理由なんですよ。

大きな特徴は、肌なじみが良いということ。
ホホバ油の主成分は「ワックスエステル」という保湿成分です。
この成分は、人の皮脂を構成する成分の一つ。
肌と髪になじみやすくうるおいを保ってくれます。

ホホバ油の髪への働き
①うるおいを与える
ドライヤーの熱から髪を守ってくれます。

②頭皮の毛穴の汚れを浮かせる
人の皮脂と似ている構造なので、毛穴に詰まった汚れを浮き上がらせます。
汚れが洗い落としやすくなります。

ホホバ油の働きにより、髪と頭皮の環境を整えることができますね。
そのため、抜け毛の予防や育毛のサポートに期待ができる成分だとして注目を集めています。

・大豆たん白加水分解物
大豆たん白を加水分解という比較的単純な加工で製造したものです。

加水分解とは?
たんぱく質をアミノ酸に分解する製法のこと。

アミノ酸は抜け毛対策には欠かせない成分なんですよ。
髪の毛の大部分はたんぱく質で成っています。
そのたんぱく質を構成しているのがアミノ酸です。

髪の毛にとってアミノ酸は非常に重要な栄養素なんですね。
アミノ酸が不足すると健康な髪が育たず、薄毛や抜け毛の原因になってしまいます。

ハリやコシなどを保つにもアミノ酸は働いてくれるので、髪の毛に嬉しい成分ですね。

・天然ビタミンE
ビタミンEには合成と天然があります。
合成ビタミンEは、原料を科学的の反応させ人工的に製造したビタミンです。

天然ビタミンEは、植物油から抽出したビタミンです。
人の体内の働きは、合成よりも天然のほうが高いとされています。

ビタミンEは強い抗酸化作用を持ちアンチエイジングにも活用されます。
血行を促し、新陳代謝をサポートするので「若返りのビタミン」と呼ばれるほどなんですよ。

強い酸化作用をもつ活性酸素は、髪のパサつきの原因になると考えられています。
ビタミンEは活性酸素の働きを抑えて細胞の老化を防いでくれるので、髪のパサつき防止に期待が持てますね。

・Lーアスパラギン酸
アスパラギン酸は髪の毛を構成しているアミノ酸の一種です。
新陳代謝を促進したり、保湿効果があります。

アスパラギン酸は体内で合成することができるアミノ酸ですが、年齢を重ねていくと合成量は減少していきます。
髪のためにも積極的に補いたい成分ですね。

・Lーグルタミン酸
グルタミン酸は髪の毛を構成しているアミノ酸の一種です。
うま味成分としてもよく知られているグルタミン酸は、髪を構成するアミノ酸の中で2番目に多いんですよ。

グルタミン酸には頭皮のうるおいを保つ効果が期待されています。
髪のために不足しないようにしたいですね。

濃密泡

『スカルプD ボーテ』は泡の質にもこだわったシャンプーなんですよ。
「正しいシャンプーの仕方」でも触れましたが、シャンプーの泡はとっても重要なポイントです。

シャンプーの泡の役割
・やさしく汚れを取り除く
・摩擦を軽減する
・髪や頭皮に残りにくい

泡がクッションの役割をしてくれるので、洗う時の摩擦を減らすことができます。
髪の毛がこすれあったり、絡んだりすることで髪が傷んでしまうので、たっぷりの泡で洗うのがベストなんですね。

『スカルプD ボーテ』は泡の密度がすごいんですよ。
もっちりと弾力のある濃密な泡で優しく汚れをとりのぞけるんですね。

泡が行き渡ることで、汚れも落とすことができます。
シャンプーの泡が頭皮に浸透することで、汚れをしっかりと落とせるのが嬉しいですね。

『スカルプD ボーテ』は密度の詰まったもっちりとした泡立ちで、気持ちよく洗うことができますよ。

無添

『スカルプD ボーテ』7つの添加物を使用していません

添加物の全てが悪いもののように感じられますが、そんなことはありません。
添加物は、品質や保存性などを高めるために使用されるものです。

私たちの生活の中で活躍している添加物ですが、実際に危険性が高い添加物も存在します。
不安が感じられる添加物は使用したくありませんよね。

『スカルプD ボーテ』はシャンプーによく用いられる添加物の中でも、危険性があると考えられるものを使用していないので安心して使用できますね。

 

7つの無添加
・石油系界面活性剤
・パラベン
・シリコン
・合成着色料
・合成香料
・フェノキシエタノール
・鉱物油

・石油系界面活性剤
石油系界面活性剤は、乳化させるために使用される添加物です。
乳化とは、水と油などの交わらない成分を混ぜ合わせることです。

水だけでは落ちないような油汚れを落とす目的で使用されます。
石油系界面活性剤は安価で大量生産しやすいという特徴があり、コストを抑えるために使用されることが多いようです。
ただ洗浄力が強めのため、洗いすぎによるトラブルが起きるデメリットがあります。

・パラベン
パラベンは防腐剤です。
配合率が高いと肌荒れやアレルギーの原因になるとされています。

そのため、使用量の上限が1%と定められてる「旧指定成分」です。
パラベンを使用していないシャンプーの方が安心かもしれませんね。

・シリコン
シリコンは合成樹脂のことで、髪をコーティングします。
指通りが良くするためにシャンプーに使用されます。

しかし、頭皮などに残りやすいため、頭皮のベタつきの原因になるなどの悪影響を起こしてしまいます。
すすぎが不足して、頭皮に残ってしまうとベタつきや湿疹などを起こしてしまう可能性があるんですね。

・合成着色料
シャンプーの色は、品質には無関係ですよね。
どんなにキレイな色をしていても、それで髪がキレイになるわけではありません。

着色料で頭皮にダメージを与えてしまう可能性を考えると、着色料は使用していないものを選ぶのがベストですね。

・合成香料
合成香料は石油などから人工的に作られた香りのことです。

いい香りのシャンプーを選びたくなってしまいますが、合成香料は化学物質の一種です。
シャンプーに使用すると髪や頭皮から吸収されていくことが考えられます。
天然香料が使用されているシャンプーの方が安心ですね。

・フェノキシエタノール
フェノキシエタノールは防腐剤として使用されます。
皮膚への刺激などのトラブルの可能性が考えられます。

フェノキシエタノールは製品への配合量が1%未満と定められています。
安全性が疑問視される成分なので、配合されていない方が安心ですね。

・鉱物油
石油からプラスチックなどの製品を作った後に出る廃油が鉱物油です。
安価なためシャンプーに多く使用されている油です。

鉱物油は皮脂となじまない性質で、毛穴がつまり肌トラブルを起こすことがあります。

使用方法

『スカルプD ボーテ』の使用方法をご紹介します。
きちんと頭皮ケアをするためにも、正しい使い方をマスターしましょう。

・シャンプー


①シャンプーの前に髪と頭皮の汚れをぬるま湯でよく洗い流す。

いわゆる「予洗い」ですね。
この予洗いで、70%程度の大まかな汚れを落とせるそうです。
ここで丁寧に汚れを落とすことで、次のステップで泡立ちやすくなります。

②シャンプーを両手に取り、しっかり泡立ててから髪や頭皮全体になじませる。

ぬらした手に適量のシャンプーを取り、しっかりと泡立てます。
きちんと予洗いした髪に、しっかりと泡立てたシャンプーで洗うことがポイントです。

③指の腹を使って頭皮を優しくマッサージするように洗う。
その後しっかり洗い流す。

泡で髪を包み込むような感じで、やさしく洗います。
爪を立ててゴシゴシしてしまうと頭皮が傷ついてしまうのでNGです。

シャンプーが残らないように、丁寧にしっかりと流しましょう。

・トリートメント

①シャンプー後トリートメントを適量手に取り、頭皮と髪全体にマッサージしながらなじませる。

トリートメントの中にはコーティング剤などが配合されていて、頭皮につかない方がよいものがあります。
『スカルプD ボーテ』は頭皮に付けられるトリートメントなので、毛穴詰まりを気にせず使用できますね。

②なじませた後、3分ほど置く。

これは髪の内部まで浸透させるための時間ですので、きちんとなじませましょう。

③その後、十分に洗い流す。

すすぎ残しがないように丁寧にすすぎましょう。

・髪を乾かす時のポイント
さらに注意して欲しいのが、洗った後の髪の毛です。
ドライヤーで髪だけでなく頭皮も乾かしましょう。
しっかりと乾かすことが大切。

半乾きは雑菌を繁殖させてしまいます。
炎症やかゆみの原因となるので、最後はしっかりとドライヤーで乾かしましょう。
自然乾燥やタオルドライだけで済ませるのは、髪と頭皮のためにならないので避けましょう。

価格


・『スカルプD ボーテ』薬用シャンプー(モイスト)内容量350mL(約2ヶ月分)

通常価格 3900円

定期購入 3315円(15%オフ、585円お得)

 

・『スカルプD ボーテ』薬用トリートメントパック(モイスト)内容量350g

通常価格 3900円

定期購入 3315円(15%オフ、585円お得)

・『スカルプD ボーテ』薬用シャンプー・トリートメントパックセット(モイスト)

通常価格 7800円

・定期購入がお得
定期購入を利用すると、ずっと15%オフで購入することができます。
自動的に届くので、なくなる前にわざわざ買い物に出かける必要がないので便利ですね。

定期購入のオススメポイント
・1回目からずっと15%オフ
・全国送料無料
・配送間隔はいつでも変更可能
・安心の「お届け予定メール」
・購入のための継続回数の契約なし

「予定よりも早く商品がなくなって足りなくなっちゃった」
「まだ残ってるけど、どうしよう」
こんな時でも大丈夫。
配送間隔はいつでも変更可能なんですよ。

例えば「毎月15日」「毎月第一水曜日」など自分のタイミングに合わせた配送間隔で申し込むことができます。

また商品が使い終わらない時などは「スキップ機能」が便利です。
配送間隔や支払い方法はそのままで、次回の配送を1回スキップすることができます。

次回の配達予定日は、商品に同封されている明細書で確認できますが、配送の10日前に「お届け予定メール」が届くので安心です。
そろそろ届くんだなってことがわかって、予定が立てやすいのでいいですね。

商品を配送間隔を変更したい時やスキップしたい時などもメールのタイミングで変更すれば楽ちんですね。

各種変更・確認は電話で申し込んだ方は、電話から。
インターネットで申し込んだ方はマイページにログインして変更や確認ができます。

スカルプDボーテ公式HP

まとめ

髪の悩みで多いのが、パサつきですよね。
髪がパサつくと広がってまとまらないし、ツヤがなくて手触りもザラザラしがち

トリートメントやヘアパックなどで回復しても、しばらくしたら元に戻ってしまうことないですか?
それは髪の毛の土台の頭皮のコンディションが崩れているらかもしれません。

頭皮が乾燥していることで、フケが出たり、生えてくる髪の毛に影響が出てしまうのです。
パサついているのは髪だけではなく、頭皮も。

髪の保湿ばかり頑張っていても、新しく伸びてくる髪の毛に元気がなければ、また元に戻ってしまいますよね。
ツヤやハリのある髪を目指すなら、頭皮の改善から。

頭皮のケアには、シャンプーがオススメ。
毎日お肌のスキンケアをするように、毎日のシャンプーで頭皮のケアを始めましょう。

「シャンプーなら、毎日きちんとしてるけど・・・」
ただ毎日シャンプーをすればOKというわけではありません。

問題は『どんなシャンプーを使って、どんな風にシャンプーするか』です。頭皮のタイプに合わせたシャンプーを選ぶことで、適切なケアが望めます。

どんなシャンプーを使う?
・洗浄力が強すぎない
・しっかり泡立つ
・低刺激
・頭皮ケアができる
・髪と頭皮を保湿する

洗浄成分の中には、洗浄力が強すぎて頭皮を守っている皮脂まで全部洗い流してしまうものがあります。
コストが安い洗浄成分のため、多くのシャンプーに使用されています。

これが頭皮や髪が乾燥してしまう原因のひとつかもしれません。
たっぷりの泡でやさしく洗うことができて、髪だけではなく頭皮も保湿できるようなシャンプーを選びましょう。

自分の頭皮にあったシャンプーが見つかったら、次はそれを正しく使用しましょう。
シャンプーの前のすすぎ(予洗い)が十分でなかったり、シャンプーの量が多すぎたりすると、せっかく洗っても頭皮の環境は改善されないかもしれません。

どんな風にシャンプーをする?
・予洗いをしっかりと行う
・シャンプーを泡立てる
・マッサージするようにやさしく洗う
・十分にすすぐ

やさしく、そして頭皮に汚れやシャンプーの余計な成分を残さないことがポイントですね。
乱暴に爪を立てて洗ったり、適当にすすいだり、シャンプーの原液が頭皮にべったりつくようなやり方は、絶対にやめましょう。
頭皮へのダメージにより、パサつきが改善されないどころか抜け毛や薄毛、枝毛などの原因にもなりかねません。

髪のパサつきやフケが気になったり、頭皮が乾燥している女性には頭皮ケアのできるシャンプー『スカルプD ボーテ』がオススメです。

『スカルプD ボーテ』にはボリュームタイプとモイストタイプの2種類があります。
頭皮が乾燥するひとは頭皮と髪を保湿してくれるモイストタイプが良いと思います。

『スカルプD ボーテ』モイストのオススメポイント
・日本唯一のソイセラム配合
・アミノ酸系洗浄成分使用
・頭皮と髪をうるおすモイスチャー処方
・もっちり濃密泡
・7つの無添加
・女性らしいフローラルの香り
・毛先までしっとりまとまる髪へ


低刺激でやさしく洗えて、髪と頭皮へうるおいを与えるモイスチャー処方が髪をしっとりまとめてくれます。
『スカルプD ボーテ』モイストで頭皮ケアを始めてみませんか?
スカルプDボーテ公式HP



-シャンプー

Copyright© キレイになりたい主婦の美容ブログ , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.