綺麗を目指す女性のための美容ブログです。

キレイになりたい主婦の美容ブログ

海外セレブ事情

本当はプラスサイズモデルとは呼ばれたくない?「アシュリー・グラハム」

投稿日:

Pocket

アメリカ人女性の平均的サイズは日本でいう16号以上(LL-3L)といわれていて、極端に細いモデルよりも現実的なサイズの「プラスサイズモデル」と呼ばれるモデルたちが数年前から活躍しています。

同じく日本でもぽっちゃりブームで専門雑誌が発売されるなど、無理にダイエットをした細い体よりも、自然のままの体型が美しいという考え方が広がりつつあります。

その「プラスサイズモデル」の中でも圧倒的人気なのが「アシュリー・グラハム」。身長176.5cm、スリーサイズは91cm、76cm、116cm。『VOGUE』『ELLE』など数々の一流雑誌や、『フォーエバー21』のモデルとしても抜擢されています。

彼女のインスタには、参考になりそうなオシャレなドレスやセクシーな水着、トレーニング風景、時には自分のセルライトの写真を投稿したりして、そのリアルさも好感が持てると世界中から人気を集めています。

Stoop life in BK wearing @marina.rinaldi

A post shared by A S H L E Y G R A H A M (@theashleygraham) on

アシュリーは自らを「ボディ・アクティビスト」と名乗り、自然でリアルな美を追求する活動を行っています。

アシュリーは、ふくよかといっても脂肪だけではなく筋肉を適度につけたカーヴィーな体を目指しているそうで、ジムでのトレーニングも行っています。スクワットの動きなどを中心にヒップに効果的な運動をしています。

Gettin that 🍑 right with @christine_grubbs💪🏽 #sundaymorning #curvyfit

A post shared by A S H L E Y G R A H A M (@theashleygraham) on

また、アシュリーは「プラスサイズ・モデル」といわれることに関して次のように語っています。

「私は自分ではそうは思っていない。モデルたちが着ているサイズの服は大半の人が着れないし、ほとんどの人がプラスサイズということになる。」

「美しさは内側からにじみ出るもの」と母から教わったわ。外見が賞賛される世の中で、他人の評価より自分が一番好きな自分になることが大事。

投稿者プロフィール

mahina
mahina
初代ビバリーヒルズ白書、SATCなどの海外ドラマの影響で、ライフスタイル、美容、旅行、ヨガなど海外に関する多くのことに興味を持つ。年齢を重ねるごとに、体に優しいナチュラル志向派に☆

-海外セレブ事情
-, ,

Copyright© キレイになりたい主婦の美容ブログ , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.