綺麗を目指す女性のための美容ブログです。

キレイになりたい主婦の美容ブログ

インナーパラソル16200 飲む日焼け止め

飲み続けても安全? 飲む日焼け止め『インナーパラソル16200』の副作用について

更新日:

Pocket

 

『インナーパラソル16200』の副作用について

飲む日焼け止め『インナーパラソル16200』は、日焼け止め成分が配合されているサプリメントです。
毎日2粒を目安に飲むだけで、全身の紫外線対策ができるそうです。
ぬるタイプの日焼け止めとは違い、飲むだけのらくらくケアです。
ぬり直したり肌がベタついたりしないので、毎日ストレスなく続けることができます。

ただサプリメントは飲むものなので、安全性が気になる方も多いと思います。
私も最初は、半信半疑で抵抗がありました。
「本当に効くの?」
「成分は安全?」
「飲み続けても大丈夫?」
「副作用は?」
そんな疑問を解決したくて調べたことを分かりやすくまとめてみました。
試してみたいけど、ちょっと不安を感じている人の参考になれば嬉しいです。

『インナーパラソル16200』の全原材料と副作用

『インナーパラソル16200』は公式ホームページで原材料名などを公開しています。

参考:『インナーパラソル16200』公式サイト

『インナーパラソル16200』原材料名

・シトラス果実・ローズマリー葉エキス末
・還元麦芽糖水飴末
・きのこ(ササクレヒトヨタケ)乾燥末
・パイナップル果実エキス末(セラミド含有)
・ビタミンP
・ビタミンC
・結晶セルロース
・シクロデキストリン
・ステアリン酸カルシウム
・微粒二酸化ケイ素

『インナーパラソル16200』の原材料で副作用があるものがないかひとつひとつを詳しく調べてみました。

①シトラス果実・ローズマリー葉エキス末
『インナーパラソル16200』の主成分「ニュートロックスサン」です。
スペインの大学が研究開発したシトラス果実とローズマリーから抽出される紫外線のダメージを軽減する成分です。
天然成分で副作用の報告はありません。
毒性研究にもとづいた人体への安全性は実証されているそうです。
海外のサイトですが、公式サイトに詳しく掲載されています。
参考:Nutroxsun公式サイト(海外サイト)

②還元麦芽糖水飴末
低カロリーで砂糖に近い甘みが特徴。
虫歯の原因にならないため、砂糖の代替食品として使用されることもあります。
食品のため副作用の心配はありません。

③きのこ(ササクレヒトヨタケ)乾燥末
別名コプリーノ茸。
幻のキノコとも呼ばれるハラタケ科の食用キノコです。
光が原因で起こる老化を防ぎ、肌を元気にする。
天然由来成分のため副作用の心配はない。

④パイナップル果実エキス末(セラミド含有)
パインセラと呼ばれるフルーツセラミド。
乾燥から肌を守る。
『インナーパラソル16200』はパイナップルの食べられる部分のみを使用して製造。
天然由来成分のため副作用の心配はない。

⑤ビタミンP
みかんの皮や袋、筋などに多く含まれているポリフェノールの一種です。
ビタミンCの働きをサポートします。
副作用は特にありません。
ビタミンPは水溶性のため、取りすぎても尿などと一緒に排出されるので過剰摂取の心配はありません。

⑥ビタミンC
ビタミンの一種。
体内で作り出すことができないので、食べ物などから摂取する必要があります。
コラーゲンを作り出すために不可欠なビタミンです。
副作用の報告はありません。
ビタミンPと同じく、水溶性のため取りすぎても尿などと一緒に排出されるので過剰摂取の心配はありません。

⑦結晶セルロース
食物繊維の一種です。
サプリメントの形を整えるためや、粘り気を出すためなどに使用されます。
結晶セルロースを加えることで、栄養成分を固めやすくなります。
医療品などにも広く使用されています。
副作用の報告は、ほぼありません。
ごくまれなケースとして、極端な過剰摂取のためお腹の張りや下痢などの可能性はあるそうです。
サプリメントに使用されているのは少量ですので、1日の目安を守っている限り問題はないようです。

⑧シクロデキストリン
別名を環状オリゴ糖といいます。
ジャガイモやとうもろこしなどのでんぷんから作られた天然素材のオリゴ糖です。
自然界に存在するものですので、安心して食べる事ができます。
副作用はありません。

⑨ステアリン酸カルシウム
高級脂肪酸(炭素数の多い脂肪酸の総称)のカルシウム塩の混合物です。
水と油のように混ざりにくいものを混ぜ合わせるために使われる乳化剤です。
長年にわたり医療品添加物として使用されているもので安全です。
体内に吸収されることはほぼないため、副作用の心配はありません。

⑩微粒二酸化ケイ素
食品添加物のひとつです。
吸湿防止の働きがあり、サプリメントの変質を防ぐ目的で使用されることが多いようです。
消化吸収されることがないため、副作用の心配はありません。


以上、原材料10点を全て調べてみました。

原材料名副作用
シトラス果実・ローズマリー葉エキス末なし
還元麦芽糖水飴末なし
きのこ(ササクレヒトヨタケ)乾燥末なし
パイナップル果実エキス末なし
ビタミンPなし
ビタミンCなし
結晶セルロースほぼなし
シクロデキストリンなし
ステアリン酸カルシウム なし
微粒二酸化ケイ素 なし

このように副作用の心配はなさそうです。
基本的に天然由来の成分が中心なので安心です。

いくつかの食品添加物は含まれていますが、長年医療などにも使用されているような安全性の高いものだと思います。
サプリメントの品質を保持するために使用されているもので、『インナーパラソル16200』には用途の分からない不必要な添加物や、危険度の高い添加物は含まれていません。

『インナーパラソル16200』の副作用 まとめ

飲む日焼け止め『インナーパラソル16200』は、紫外線から肌を守り、肌の健康と美容をサポートするサプリメントです。
紫外線対策成分である「ニュートロックスサン」や、シミや乾燥を防ぐ「パインセラ」や「コプリーノ」が配合されています。

天然成分で食物からの成分が中心ですので、薬とは違い副作用の心配はありません。
含まれている食品添加物も比較的安全なものを必要最小限使用しているようです。

もともと「サプリメント」は「食品」に区分されるもので、薬とは違います。
副作用の心配はなさそうですが、以下の点には注意してください。

・4歳未満の子供は飲まない
『インナーパラソル16200』だけではなく他のサプリメントに関しても、4歳未満の子供の使用は避けた方が良いそうです。
体の発達がまだ充分ではないため、サプリメントが体の負担になるケースがあるそうです。

・食物アレルギーを持つ方
配合されている原材料をチェックし、それぞれの食物に対するアレルギーがある方はかかりつけの医師に相談の上、使用を判断されてください。

・正しく使用する
1日の目安量を守り、過剰摂取を避ける。・妊娠中、授乳中の方
デリケートな時期ですので、自己判断ではなくかかりつけの医師に相談した上で使用を判断されてください。

以上の注意点は『インナーパラソル16200』だけに当てはまるものではありません。
サプリメントを利用する際の基本的な注意事項だと思います。
安全なサプリメントでも、利用方法などを正しく守らないと、思わぬトラブルになりかねます。

『インナーパラソル16200』は副作用の心配もなく、安心して利用できるサプリメントだと思います。

参考:朝2粒で24時間紫外線カット 飲む日焼け止め『インナーパラソル16200』の口コミと効果

-インナーパラソル16200, 飲む日焼け止め

Copyright© キレイになりたい主婦の美容ブログ , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.