綺麗を目指す女性のための美容ブログです。

キレイになりたい主婦の美容ブログ

海外セレブ事情

ブレイク・ライブリー「理想のリップ選び」

更新日:

Pocket

人気ドラマ「ゴシップ・ガール」のセリーナ役だったブレイク・ライブリー。結婚して2人の子供のママになり、その美貌やファッション、ライフスタイルがますます注目されています。

ブレイク・ライブリーのメイクアップ・アーティストのクリストファー・バックルが、ファッション誌のインタビューでリップ選びのコツを教えてくれています。

Sunshine on my shoulder! Shooting with @blakelively #makeup #blonde #rainydays

A post shared by Kristofer Buckle (@kristoferbuckle) on


クリストファー・バックルは女優のケイト・ベッキンセールや歌手のマライア・キャリーのメイクも担当するなど、多くのセレブと仕事をしています。

リップの色を選ぶときには、いつも肌のトーンから診断しているそうです。
そして肌のトーンとあえて逆の色をリップに取り入れる様にしているのだとか。

例えば、肌がイエローっぽい場合には寒色系のピンクを選びます。その方が、フレッシュでくすみなく見えるそうです。

スキントーンの診断について調べてみると、肌の色は基本的には「ワーム(warm)」、「クール(cool)」またはその中間「ニュートラル(neutral)」に分かれます。ワーム(warm)はイエロー、またはピーチっぽい色、クール(cool)は青っぽいまたはピンクっぽい色味の肌です。

簡単な見分け方として、腕の内側の脈の色で判断する方法があります。脈が緑であればワーム(warm)青または紫であればクール(cool)です。両方または中間色であればニュートラル(neutral)となり基本的にどちらの色も似合いますが、目や髪の色や雰囲気でスキントーンを判断することもあります。

一般的には肌がワーム(warm)なら同じワーム(warm)の口紅を選ぶなど、同じトーンを持ってきた方が肌馴染みが良いとも言われています。しかし逆のトーンをあえて選ぶことにより、確かに新しい自分が発見出来たり、今っぽく見えるのかもしれません。


また、バックル氏はメイク全体のバランスとして、アイメイクに重点を置きたい場合はリップはあまり濃くせず、主張の無い色を選びます。逆に目元があまり主張の無い色の場合は、明るくて濃い色をリップに持ってきます。全体的にナチュラルに仕上げたい場合には、アイメイクのリップメイクどちらも中間色を選んでいるそうです。

投稿者プロフィール

mahina
mahina

初代ビバリーヒルズ白書、SATCなどの海外ドラマの影響で、ライフスタイル、美容、旅行、ヨガなど海外に関する多くのことに興味を持つ。年齢を重ねるごとに、体に優しいナチュラル志向派に☆

-海外セレブ事情
-, , ,

Copyright© キレイになりたい主婦の美容ブログ , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.