綺麗を目指す女性のための美容ブログです。

キレイになりたい主婦の美容ブログ

綺麗ブログ

「ニュートロックスサンで体の中から紫外線対策!」

投稿日:

Pocket

オゾン層破壊が注目されてずいぶん経ち、温暖化も進んで、ここ数年で日射しが強くなったような実感はありませんか?

実際に女性向けの雑誌などにも、日焼け対策の特集記事を以前より多く見かける気がします。

お肌にダメージを与える紫外線は一年中私たちの肌に降りそそぎ、もはや日焼け対策は日課となってる人も少なくないようですね。

これまで主流だった「肌に塗るタイプの日焼け止め」には、塗りなおしが必要だったり、肌トラブルや塗ったあとの白浮きがあったりと何かと問題がありました。

そんな中で数年前から「飲む日焼け止め」といった経口タイプの日焼け止めサプリが女性誌で紹介されて以来、様々な新商品が発売されています。
初めて発売されたころは高額で、美容皮膚科などでしか入手できなかったのですが、ここ数年で市販にでまわり手頃な価格で購入しやすくなりました。

このように進化が止まらない「飲む日焼け止めサプリ」ですが、色んな成分が注目される中、代名詞となりつつあるのが「ニュートロックスサン」です。

紫外線による肌の老化を防止する成分、ニュートロックスサンを使った日焼け止めは、紫外線そのものをブロックするという考え方ではなく、強い抗酸化作用によりダメージを受けた肌の修復をいち早く行うことで、シミやシワが出来ることを防ぐ作用があります。
しかもニュートロックスサンを含むサプリは日焼けをしてしまった後に飲んでも効果が期待できると言われています。

日焼け予防効果のある成分「ニュートロックスサン」について詳しくご紹介していますので、今年から始めてみようかな、と思ってる方は要チェックですよ。

ニュートロックスサンを飲むメリット

⋆頭からつま先まで全身の紫外線予防ができる
⋆塗り忘れや塗りムラの心配がない
⋆肌への刺激がないので肌トラブルの心配がない
⋆汗をかいたり、プールなど水に濡れても面倒な塗り直しの必要がない
目からの日焼けも防止できる
⋆うっかり日焼けしても飲むだけでケアできる
⋆塗るタイプと違って子供と接触しても問題なし

※研究によると、細胞の遺伝子が破壊される放射線を当てた実験で、ニュートロックスサンの服用によって、遺伝子の約70%が破壊されずに残っていたという医学的観点からの結果もあるようです。

ニュートロックスサンは肌質を選びません

市販されている塗るタイプの日焼け止めには、肌質によって使えないことが改善できずにいました。
ですが、ニュートロックスサンのような飲む日焼け止めサプリには、様々な肌質でも服用できるうえに目立ったトラブルは見つかっていません。

⋆敏感肌
⋆ニキビ肌
⋆体に傷や炎症がある
⋆アレルギー体質(食物アレルギーの場合は医師への相談をおすすめします)
⋆化粧品などにかぶれやすい
⋆刺激に弱く肌が炎症を起こしやすい

ニュートロックスサンの成分

成分名がそのまま商品名にもなってるニュートロックスサンは、長年の研究で日焼け止め効果が明らかになった、南スペイン地中海沿岸に自生するシトラス系果実とローズマリー葉から抽出して配合された「天然ポリフェノール」が主原料です。

なぜスペイン産なのか?

人間と同様に植物も自生する国や環境によって備わってる耐性や生命力が違ってきます。

ニュートロックスサンの成分が発見されたスペインの気候は、日本人の私たちが思っている以上に日射しが強烈です。
紫外線量もそれなりに降り注いでいる厳しい環境なかで、シトラス系果実とローズマリー葉は生き残ってきたた強い生命力と、紫外線に対して飛び抜けた耐性を持ち合わせているからなんです。

これら二つの植物にとって過酷な環境のおかげで、強い抗酸化力を持った原料から抽出された「ニュートロックスサン」を服用することで、紫外線に対して高い防御力が実現可能となった訳なんですね。

ローズマリー葉

肉料理の臭い消しに使われるハーブとして日本では有名ですが、抗酸化力の高い「ロズマリン酸」と「カルノシン酸も」を多くふくんでいます。

⋆ロズマリン酸・・・強い抗酸化力により活性酸素からの攻撃をブロックして細胞の老化やシワやシミを防ぎます
⋆カルノシン酸・・・紫外線から皮膚を守る効果や抗菌作用

このようにアンチエイジングに効果のあるハーブとして古くから活用されていたヨーロッパでは、ローズマリーの成分を水にとかしたものを〝若返りの水〟と呼び、
永遠の美を手に入れたい女性達に愛用され来た長い歴史がその効果を表しています。

シトラス系果実

日本では最近、朝食に柑橘類を食べて外に出ると紫外線を吸収して肌トラブルを起こすことが判明しました。
ですが、ニュートロックスサンが研究開発された南スペイン地中海沿岸は、オレンジなどの栽培がさかんに行われており、そこで育った柑橘類のもっている、太陽光線に対する特別な耐性が日焼け止めに効果があることが発見されました。

※柑橘類に含まれる紫外線に対して過剰に反応することで、多くのダメージを肌へ与える光毒性物質のソラレンですが、ニュートロックスサンに使われているシトラス系果実からは除去されています。

ニュートロックスサンの副作用

使用される原料などの毒性や継続して使用したの場合でも副作用は見つかっていませんが、ローズマリーだけでみてみると、

⋆妊娠中、授乳中の外用使用は避ける
⋆子宮刺激、月経刺激の作用が指摘

もちろんニュートロックスサン自体がローズマリーだけで作られているわけではありませんが、妊娠中や授乳中の方は使用を控えた方がいいでしょう。
また、食物アレルギー、お薬を飲んでいる方は購入前にかかりつけの医師等へ相談されることをおすすめします。

ニュートロックスサンが日焼けを防止するメカニズム

ニュートロックスサンを服用することで日焼けを防ぐメカニズムについて簡単に説明すると・・・

スペイン産のシトラス系果実とローズマリーの葉に含まれる主成分(ポリフェノールの一種)による抗酸化作用により、体内の細胞の酸化を抑えることによって日焼けを起こす原因をブロックします。

※真夏の海のような強い紫外線が降りそそぐ場所では、塗るタイプの日焼け止めとの併用で日焼け止め効果を高めます。

つまり、ニュートロックスサンは抗酸化作用が認められた主成分であるポリフェノールが体の中から日焼けを防いだり、修復したりする作用があります。

そんな強い抗酸化作用が知られているポリーフェノールですが、私たちが紫外線を浴びたときに体内で作られる活性酵素を除去してくれることで日焼けを防ぐことができるという訳なのです。

では、なぜ日焼けを防ぐために活性酸素を除去しないといけないのでしょうか?
活性酸素の働きと肌への影響について見ていきましょう。

活性酸素とは

最近、美容への関心が高まる中で「デトックス=活性酸素」という考えが広く浸透しているように感じます。

ですが、活性酸素本来の役目は、外部から体内に入り込んで悪さをする有害物質から身体の細胞を守ることです。

私たちが生きていく上で必要不可欠な呼吸、このとき鼻と口から体内に入ってくる酸素の一部が少量の活性酸素に変化して、健康増進に欠かせない酵素の効果を高める働きなど、活性酸素のおかげで健康な身体を維持できています。
しかも強力な酸化力(殺菌作用)のおかげで、体内に入り込んだ細菌やバイ菌などの有害物質を除去してくれるという優れた働きをしてくれます。

ですが美容面でいう活性酸素は完全に「悪者」扱いです。

その根拠は・・・
活性酸素は強力な酸化力により細菌やバイ菌が体内で悪さ(病気など)をする前に除去する働きがある、と先にも書きましたが、実は、活性酸素が増えすぎてしまうと、体の細胞などを「酸化=さび」させるいわゆる老化のサイクルを早め、女性の悩みであるシミ・シワなどの「肌老化」を起こしてしまうからなんです。

≫シミの原因となる皮膚の脂質を酸化させる過脂化とは?

活性酸素により皮膚の脂質が酸化されることによって過酸化脂質という物質が発生します。
汗や尿などのように自然と体外へ排出されることなく蓄積された過酸化脂質にメラニン色素が過剰に集まると、新陳代謝の機能が追いつかず、 シミの温床になってしまい「ふと気づくと顔のあちらこちらにシミが出来ている!」といったことになりかねないのです

その活性酸素が増える主な原因は・・・

⋆紫外線
⋆喫煙
⋆食事の偏り
⋆激しい運動
⋆ストレス

この中でも、女性にとって最大のお肌の大敵である「紫外線―UVA/UVB」についてみていきましょう。

≫深層部まで届くA波(UVA)・・・UVAを防止する日焼け止めの表示はPA(プロテクション・グレイドオブUVA)で+の数が多いほど効果が高い

窓ガラスを通り抜けて屋内にまで入ってくる紫外線A波(UVA)を肌に浴びると「サンタン」といわれ、一般的には肌が
吸収しやすい肌質の人が黒くなる状態になります。

たとえ屋内にいたとしても紫外線A波は肌の角質層から真皮にまで届き、コラーゲンやエラスチンを変性させて肌の弾力や潤いを失い、シミやシワ、タルミを作る原因となることから、外出しないときでも日焼け対策が必要です。

≫肌表面への影響が強いB波(UVB)・・・UVBを防止する日焼け止めの表示はSPF(サン・プロテクション・ファクター)で+の数が多いほど効果が高い

UVAとは逆にガラスで遮ることができる紫外線B波(UVB)を肌に浴びると「サンバーン(皮膚がヤケド)」といわれ、一般には肌が真っ赤になりピリついたり、
ひどい場合は水膨れになったりする状態になります。

ともに有害物質である紫外線(UVA/UVB)を人体に浴びてしまうと、強力な酸化作用によって紫外線を殺菌して除去しようとして体内で活性酸素がどんどん作られます。
その結果、紫外線を浴び続けて増え過ぎた活性酸素の強い殺菌作用により、様々な悪影響を引き起こしてしまいます。

ニュートロックスサンはUVAとUVBの二つの紫外線に作用してくれるのですが、次に紫外線による肌への影響を見ていきましょう。

≫日焼けとシミ

紫外線を浴びることで活性酸素が増え、シミの原因となるメラニン色素ですが、このメラニン色素を作っている細胞にメラノサイトがあります。
美容に関心がある方ならこの二つは「シミをつくる悪者」といったイメージがあるのではないでしょうか。
ですが、このメラニン色素は紫外線を浴びた肌内部で増えた活性酸素からのダメージを一掃してくれる働きがあります。

日焼けした肌は時間が経つと黒く変化します(肌質によっては赤くなるだけで黒くなりにくい人もいます)
これは活性酸素に吸着したメラニン色素が酸化したこと(色素沈着)により肌細胞へのダメージを防ぎ、紫外線から体を守ろうとした証拠です。

ですから日常生活による軽い日焼け程度であれば、新陳代謝(ターンオーバー)による肌細胞の生まれ変わりで、時間の経過とともに元の肌色に戻ることが可能です。

ところが、屋外に長時間いたり、日焼け止め対策をしないで紫外線を浴びてしまった結果、メラニン色素と活性酸素が増えすぎてしまうと、新陳代謝が追いつかず日焼けした色素が肌に残ってしままになり、結果的にシミになることがあります。

また新陳代謝の機能自体を弱くしてしまうのが加齢(老化)です。
歳とともに顔や体にシミが目立ってくる原因の一つに、この加齢(老化)が原因といえます。

この様に活性酸素とメラニン色素が吸着することで日焼けが起きてしまうのですが、ポリフェノールのニュートロックスサンを服用すると、メラニン色素より先にニュートロックスサンが活性酸素を吸着することで、メラニン色素は元の色のまま黒くなることなく、肌は日焼けを起こさずに済むという訳です。

≫老けて見えるシワ

紫外線を多く浴びて活性酸素が増えると、コラーゲンやエラスチンが酸化して細胞が破壊されます。
その結果、肌の潤いやハリがなくなり皮膚の弾力が衰え”たるみ”が生じ、それが次第にシワとなっていきます。
また、コラーゲンが破壊されてしまうと様々な肌トラブルや炎症の原因にもなりますのでニュートロックスサンを服用して肌の潤いとハリを保つことが出来ます。

≫日焼け後のアフターケア

ニュートロックスサンは日焼けを防ぐだけでなく、日焼による肌ダメージを速やかに回復できるようにサポートをしてくれますから、つい飲み忘れてうっかり日焼けをしても、帰宅後に服用すれば効果を発揮してくれるので、忙しい女性には頼もしい味方ですね。

ニュートロックスサンの含有量と持続時間について

「飲む日焼け止めサプリ」の成分となっているニュートロックスサンの含有量によっては、日焼け止め効果の持続時間が違ってくるようです。

⋆250mg/1錠・・・24時間
⋆50mg/1錠・・・4~6時間

上記のことからも分かるように、ご自分のライフサイクルに合わせて選ぶこともできます。
また、継続して服用することで紫外線に対しての抵抗力が50%以上も上昇したと研究結果が発表されています。

ニュートロックスサンはいつ頃から服用すると良いの?

ニュートロックスサン公式サイトによると服用する期間によって、お肌の酸化を引き起こす脂質過酸化反応に違いがみられます。

⋆2週間飲み続けたグループ・・・9.7~10.2%減
⋆2か月間飲み続けたグループ・・・20.1~21.7%減

この結果から言えることは紫外線量のピークは5月から8月ですが、ほぼ一年中紫外線は私たちの体に降りそそいでいます。
そのため、うっかり日焼けをしやすい春先から紫外線を防ぐために、2月頃から服用を開始した方が良いかもしれません。

ニュートロックスサンが効きだすまでの時間

ニュートロックスサンが紫外線を防ぐ効果が発揮されるまでにかかる時間は、服用する分量によって違ってきます。
公式サイトによる実験データでは、100mgで48時間、250mgで25時間という結果から、日に当たる1~2日前には服用することをおススメします。

ニュートロックスサンが含まれる食品について

ニュートロックスサンは、強烈な紫外線が降りそそぐ南スペイン地中海沿岸に自生する紫外線に対しての耐性が備わった≪シトラス系果実≫と≪ローズマリー葉≫だけに
含まれる希少な成分です。

ですから、私たちの身近に自生する≪シトラス系果実≫や≪ローズマリー葉≫には残念ながら同じような効果はありません。

しかもこのニュートロックスサンが発見されるまでにはスペインのミギュエル大学で細胞生化学の権威である二コル博士とモンテローザ社による共同研究により開発され
その期間は10年にも及んでいます。

まとめ

毎年やってくる嫌な日焼けの季節。

紫外線は寒い1月から徐々に増加してピークを迎えるのが5月~8月頃ですが、近年では10月の秋口でも日中は強い日差しを感じることがあるくらいです。
ですから普段から日焼けを気にする方は日射しが強くなる3月か4月から服用を開始して、9月か10月いっぱいまで摂取するのが良いかもしれませんね

また、ニュートロックスサンは日焼けのことだけではなく、体中の細胞全体の抗酸化作用もサポートしてくれるから、体全体の免疫力をアップさせて健康維持したい人にもオススメですよ。
そして何より天然由来の成分を使ったサプリメントですから、気になる副作用もほとんどないので、毎日継続して日焼けのない色白の肌を目指しましょう。

投稿者プロフィール

HARU
HARU
3人の子育てに奮闘中の働くアラサーママharuです。
小説・漫画・雑誌…etc、活字が大好き!本屋は私の癒しスポット♪
自分の時間をつくるために、日々使える時短ワザを模索中。。
ワンプレートごはんはオススメ時短ワザです(^^♪

-綺麗ブログ

Copyright© キレイになりたい主婦の美容ブログ , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.